萌 萌 SD

事業課題への特効薬「萌えマーケティング」!

萌えイラスト・萌えキャラを活用したマーケティングは、(主に15〜35歳程度の年齢層への)顧客層の拡大、SNS等での口コミ効果とそれによるPR効果、キャラクターグッズの販売による副次的な売上、商品・サービスへのロイヤルティ(愛着・共感)の向上など様々な効果があります。
ここでは、事例を元に萌えイラストを活用したマーケティングについて考察してみたいと思います。

萌えマーケティングを活用した食品「萌え食品」事例

萌えイラストを活用したマーケティングで最も多い例はお米、菓子類、飲料などの食品関係です。パッケージの変更により容易に萌えイラストを取り入れられ、今まで取り込めなかった顧客層に商品をアピールできることが大きな理由で、誰にでも興味を持たれやすい商品カテゴリのためSNS等で話題になりやすいのも特徴です。


萌えを活用した町おこし「萌えおこし」事例

映画などにゆかりのある町や村がその作品を観光資源化する手法は古くからありますが、美少女アニメ・漫画のファンを呼び込んだり、萌えキャラクターを開発して地域活性化につなげるマーケティング手法が「萌えおこし」として注目されています。「萌えおこし」はSNSなどで話題になりやすく、伝播力が強い事が特徴です。また、グッズ販売等の展開のしやすさも大きな魅力です。


あの企業もやっている!大手企業による萌えマーケティング事例

「萌え」のマーケティング効果が認められるにつれ、アニメやゲームと関係のない大企業も萌えマーケティングを活用しはじめています。

はじめよう!萌えマーケティング

「萌え絵師」がたくさん登録しているSkillots(スキロッツ)なら、今すぐあなたが求める萌えイラストや萌えキャラクターが手に入ります。まずは、萌え絵師を探してみましょう!

 萌え絵師を検索 萌え絵師検索結果
 ページトップへ